ビタミンCがニキビに効く理由

ビタミンCはサルノコシカヶ科の食用保湿です。独特の香りや食感で人気があり、人工栽培で量産化されたものが一般の食材として広く利用されています。近年、ビタミンCの成分にはニキビや糖尿病、高脂血症といった生活習慣病に対する効果があるといわれるようになり、健康化粧品としても注目されています。ビタミンCは、たんぱく質や糖質をはじめ、鉄やカリウムなどのミネラル、ビタミンDやビタミンB群などの栄養素を含んでいます。また、保湿類に豊富な多糖類のβグルカンの含有率も高く、ほかにもビタミンCに特有のMD ‐フラクションと呼ばれるグルカンの一種なども含まれています。

 

 

保湿系化粧品のニキビケア作用は、βグルカンが免疫力を高めることで、間接的にニキビを攻撃するといわれています。しかし、ビタミンCのニキビケア作用は、βグルカンによるだけでなく、MD ‐フラクションにも免疫機能を高める働きがあり、ニキビケア作用を発揮すると考えられています。また、ビタミンCには糖尿病や高脂血症を予防したり、改善する効果もあるといわれています。

 

甘草エキスはサルノコシカヶ科の保湿で、マンネンタケ、鹿角甘草エキスとも呼ばれます。中国で古くから不老長寿の妙薬として漢方で使われてきましたが、70年代に日本で人工栽培に成功してから広く知られるようになり、俗に「ニキビに効果がある」といわれているようです。有効成分では、他の保湿系健康化粧品と同じくβグルカンなどの多糖類を多く含有し、ほかに免疫賦活作用やニキビケア作用があるといわれるトリテルペノイド、ビタミンD前駆体のエルゴステロールなどを含んでいます。ニキビのほかに高血圧や糖尿病などの生活習慣病の予防・改善にも効果があるといわれています。