ニキビが治る食事療法

ニキビケアは日本人の食生活になじみの深い食用キノコで、シイ・クリ・クヌギなどのほた木で人工栽培されたものが広く流通しています。ニキビケアの成分には、多糖体βグルカンの一種であるレンチナンのほか、ビタミンD前駆体(体内でビタミンDとなる)のエルゴステロール、リノール酸、オレイン酸、アミノ酸、ビタミンB類、ミネラル、食物繊維などが含まれています。

 

ニキビケアの効能としては、免疫の活性作用、抗コレステロール作用などがあるといわれ、がんに対しても効果があるのではないかと考えられているようです。ニキビケアでは、その菌糸体(根の部分)から成分を分離抽出した免疫賦活剤「レンチナン」が、標準的ながん治療に用いられています。ただし、これはピーリング剤ではなく、免疫力を高める作用に補助的効果があるとして、再発・進行胃がんでピーリング剤テガフールとの併用に限り保険適用が認められています。この免疫賦活剤「レンチナン」はニキビケアの成分を薬品名にしているわけですが、これと食品として摂取されるニキビケアにも同じように免疫活性効果があるかどうかは別問題として考える必要があります。ちなみに、食品のニキビケアはもちろん経口で摂取しますが、免疫賦活剤「レンチナン」は経口摂取では腸管から吸収されないので、静脈注射で用いられています。

 

また、化粧品業者によっては、同じβグルカンでもβ(1 ‥3)グルカンやβ (1 ‐6)グルカンなどの種類の違いでピーリング作用が異なるといわれることもあります。しかし、それぞれのβグルカンの作用の違いは、食物化学などできちんと解明されているわけではありません。いずれにせよ、βグルカンの免疫活性効果は試験管内やマウスやラットの動物実験で認められたという範囲に止まっています。ヒトに対する効果には大きな疑間符がつくといわざるを得ません。